松原冬子個展「染と織」 開催中!

松原冬子個展「染と織」 開催中!
2015-11-01 綾瀬 はるか
In News

現在開催中の、松原冬子展「染と織」 11/4まで

手間のかかる染色の手法を使った、繊細で立体感のある美しいアート作品を展示。
中でも印象的だったのは、「植物の種子」に秘められたパワーを表現している、一連の作品たち。
植物たちの奥にある宇宙に吸い込まれそうな、そんな引力を感じる。

天然石とビーズが縫い込まれた作品。

プロフィール写真の背景に写っている作品は、なんと制作年数20年!という大作。
彼女の作品は、大きなサイズのものが多いため、いつもは美術館サイズの大きな会場で作品展をすることが多いとのこと。
しかし今回の作品展は、会場のスペースの関係で小さめの作品だけをピックアップ。

松原冬子氏は、メトロポリタン美術館(ニューヨーク)で染織アートの修復を担当されたり、ペンシルバニア州立大学インディアナ校で教鞭を取られるなど、米国を拠点として活躍。
今後は、自身の作品作りに益々力を入れていく予定とのことで、どんな作品たちが生まれてくるか、とても楽しみである。

個展は11/4(水)まで。

場所: 東京都世田谷区瀬田1-11-4「アッティコ」
時間: 12時―17時
phone: 03-3707-4536

松原冬子 プロフィール

札幌市生まれ。1978年武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科卒業。1980年同大学院造形研究科デザイン専攻工芸工業コース修了。1982年 渡米。1984年Cranbrook Academy of Art 卒業。
受賞歴:”Individual Artist Grant” from New York Foundation for the Arts(’94, ’91), “Fellowship Award” by Pennsylvania Council on the Arts(’07), “First Prize” in “Fiberart International 2001, Best of Show” in “Fiber Celebration(’02, ’04, ’06, ’07, ’09)”, “First Place” in “Focus:Fiber 06”, “Best Traditional” in “Common Thread 2009” その他多数。
職歴:Senior Restorer, New York Metropolitan Museum of Art; Assistant Profesor, Syracuse University, Associate Professor, Indiana University of Pennsylvania, その他後援 Visiting Artist, Fellowship 審査員等の活動多数。